会社概要

HOME > 会社概要

創業以来、一貫して工業用ヒーターの製造専門これからも高品質のヒーター作りに磨きをかけていきます

株式会社ヨシオカは、昭和47(1972)年の創業以来、一貫して工業用ヒーターの製造に従事してきました。 その間に培われてきた技術力を最大限に活用し、自動車業界や食品業界をはじめ、素材メーカーなど、様々なユーザーの皆様のご要望にお応えしております。
ヒーター製造については、熟練度の高い生産技術者が担当しており、高品質・高精度のモノづくりを行っています。 一点一点、丹念に製造し、厳重な検品作業を実施することで、多くのお客様からの信頼を得ているのが当社の誇りです。 ヒーターは、幅広い利用領域があり、特殊形状を必要とするケースも多々あります。
もし、ヒーターについてお困りのことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。
当社が蓄積している経験と培った技術力を駆使して、現在ユーザー様がかかえている問題点やご要望に出来る限りお応えいたします。
代表取締役社長 吉岡 明光

会社概要

商号 株式会社ヨシオカ
<日本電熱機工業協同組合・組合員>
代表 代表取締役社長 吉岡 明光
本社・所在地 〒584-0023 大阪府富田林市若松町東3-2-19(Google Mapへ
TEL. 0721-25-7891(代)
FAX. 0721-24-7891

工場 本社工場・徳島工場
創業・設立 昭和47(1972)年5月
資本金 1,000万円
事業内容 各種工業用ヒーター・産業用ヒーターの製造、販売
製造・販売品目 ・工業用ホットプレート
・カートリッジヒーター
・シーズヒーター
・アルミ鋳込みヒーター
・プラグヒーター(IT型)・フランジヒーター(IF型)
・サーキュレーションヒーター
・液体加熱⽤ヒーター
・バンドヒーター・スペースヒーター(プレートヒーター)
・熱⾵⽤ヒーター
・その他、各種工業用ヒーター・産業用ヒーター

会社沿革

昭和47(1972)年 5月 大阪府八尾市において創業。カートリッジヒーターの製造を開始
昭和50(1975)年11月 徳島県阿波市に徳島工場を建設
昭和52(1977)年 3月 アルミ鋳込ヒーターの自社一貫生産を開始
昭和54(1979)年 4月 務拡大に伴い、本社工場を大阪府富田林市に移転 株式会社ヨシオカ 設立
昭和57(1982)年 カートリッジヒーターの性能向上を目的に、スイス・メテオール社製コンピュータ制御捲線機を導入
昭和60(1985)年 スイス・メテオール社製コンピュータ制御捲線機(ロングタイプ)を導入
昭和63(1985)年 資本金を1,000万円に増資
昭和63(1988)年 シーズヒーター増産のため、スエージングマシンを2台導入
平成 3(1991)年 スウェーデン・カンタル社製、ローリングミルを導入
平成6(1994)年 自社一貫生産をさらに充実させるため充填機、施盤、フライス盤等の機械を多数導入
平成15(2003)年10月 徳島工場を建て替え
平成18(2006)年10月 大阪府富田林市若松町に本社工場を新設し移転
平成19(2007)年12月 徳島工場の駐車場設置、工場新設用地500坪購入

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP