製品情報

HOME > 製品情報 > カートリッジヒーター

カートリッジヒーター

カートリッジヒーター

小型で耐久性に優れた高品質のカートリッジヒーター

カートリッジヒーターはパイプ状の一端からリード線を引き出した形状のヒーターで、被加熱物に挿入するだけで効果的な加熱が得られるヒーターです。
非常に小型のヒーターですが、従来のヒーターの数倍の性能を持ち、絶縁性に優れ、電気的性能は他社にはない特性を持っています。

特殊充填加工したヒーターは、内部絶縁材の呼吸作用がなくなるほど圧縮されていますので振動衝撃に強いのが特長です。また、高温空焚耐久テストにおいて、表面温度800℃の連続使用に耐え、その優れた品質が保証されています。

主にプレス用電熱盤成形機金型や各種自動機用熱源として利用されていますが、ブッシング等の溶接加工により液体加熱用としても利用できます。

断面図

断面図

特長
・表面温度800℃で連続使用可能
・ハイワットカートリッジヒーターは、特に高温時の絶縁性が非常に高い。
・高品質、長寿命、安心・安全豊富な種類の完成品を常時在庫しています。
設計に際して
  1. 最大必要温度を設定する。
  2. (1)の温度に要するワット数を算出する。
  3. カートリッジヒーターの径、長さを定める。
  4. 均等に加熱させるのに必要な容量。
  5. ワット密度を算出する。
ヒーターの
ワット密度の計算方法

カートリッジヒーターのワット密度の計算は、
先端部と口元リード固定部の非発熱部を除いた有効発熱部の表面積でヒーターの容量を割って求めます。

上記は、カートリッジヒーターの標準基本型についての計算ですので基本型以外の場合は、形状に応じてその有効加熱面積で計算します。

使用上の注意
・ 金属用のヒーターですので空焼きはしないで下さい。
・ ヒーターへの通電は、完全に金型へ挿入してから行って下さい。
・ ヒーター交換は、電源を切り金型の温度が下がっていることを確認の上、行って下さい。
・ 火傷防止のため、ヒーターの発熱部には、直接触れないで下さい。
・ ヒーターのリード線を引っ張ることはしないで下さい。漏電、感電します。
・ 異臭、発煙防止のため、ヒーターを金型へ挿入する前に挿入穴内の油、ゴミ等は除去して下さい。
・ 金型の穴加工は、ヒーター径プラス0.1mm以下とし、穴の内面はリーマ加工仕上げをお勧めします。
・ ヒーターの末端部分(リード部)の温度は、220℃以下の雰囲気でご使用下さい。

  • [BCH]
    ブッシング付カートリッジヒーター
  • [PCH]
    プラグ付カートリッジヒーター
  • [FCH]
    取付フランジ付カートリッジヒーター
  • [GCH]
    フレキシブルチューブ付カートリッジヒーター
  • [RCH]
    ローレット付カートリッジヒーター
  • [ECH]
    エルボ付カートリッジヒーター
カタログダウンロード
カートリッジヒーター対応サイズ表(1)
カートリッジヒーター対応サイズ表(2)

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP