製品情報

HOME > 製品情報 > アルミ鋳込みヒーター

アルミ鋳込みヒーター

アルミ鋳込みヒーター

完全自社生産のオリジナルアルミ鋳込みヒーター
小型から大型まで、高精度の加熱が可能です。

鋳込ヒーターは従来のマイカを使用したヒーターの耐久性及び熱分布の欠点を補うために、シーズヒーターを熱源として製作されました。 その構造上、強度ならびに粗雑な使用にも耐え、ビニール類の押出機成型加工機及び種々の加工機械等のように、一定の「面」に対し均一な加熱を必要とする場合には最適なヒーターです。

用途及び使用温度に基づいたアルミを特殊な技術により、シーズヒーターを鋳込み加熱部の形状に応じ密着する様加工したヒーターで、形状は円筒形・半円形等、鋳物にすることができれば、どんな形でも製作できます。

種類

シール機用アルミ鋳込みヒーター

(左)テフロンコーティング付アルミ鋳込みヒーター、(右)丸型ホットプレート

クロスヘッド用鋳込みヒーター
円形のワーク加熱に最適なホットプレートです。

用途
  • 食品のシール機用ヒーター
  • 樹脂押出機及び、成型加工等のノズルヒーター、及びシリンダーヒーター
  • 樹脂、ゴム等の、成型加工用プレス熱盤
  • 繊維類の熱処理用
  • 食品用グリルヒーター
  • 加熱用ロールヒーター
  • 理化学実験及び、その他の実験用ヒーター
  • その他各種加熱用
特長
  • 機械的衝撃、振動衝撃に強い。
  • 取付が簡単。熱伝導及び熱効率が良いので、電力節約ができます。
  • 熱容量が大きいので温度調節が、極めて効果的にできます。
  • 耐熱性、耐湿性、耐久性に優れています。

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP